まいぺーすに建築ブログ。

建築のこと。本のこと。日常のふと気になったこと。

RCRアーキテクツ展|夢のジオグラフィー@TOTOギャラリー・間

ギャラ間で催される2018年度最後の展覧会は2017年にプリツカー賞も受賞し、日本でも奈良県で活動をしているRCRアーキテクツ。彼らの詳しい活動はこの記事にまとめてあるのでよかったら読んでみてください。 www.mypace-archi-student.com 毎度おなじみのTOTO…

図面表現の重要性

建築設計の成果物の一つの〈図面〉は、本来は建築を建てるための指示書として描かれ、如何に”建てるための”情報を詰め込めるかが大事であるが、〈図面表現〉は建てるためというより自分のその建築に対しての姿勢を写すためのものだと思っている。 『出典 :ht…

卒業設計で考えていること

色々と変化もあった2018年が終わり2019年を迎え、いよいよ卒業設計も佳境に入ってくるかなと感じています。これまでの設計課題の集大成としての卒業設計を考えたとき、提出することよりもこれから建築をやっていくことで、何を考えどういう建築を行っていき…

アルヴァ・アアルトーもうひとつの自然@神奈川県立近代美術館

もう終わってしまったのだけれど、この前まで葉山で開催され、名古屋・東京・青森と日本を巡回するアアルト生誕120周年を記念した大規模な展覧会「アルヴァ・アアルトーもうひとつの自然」。 アアルトはフィンランドを20世紀を代表する建築家であり家具も多…

スペイン建築家集団RCR Arquitectes の活動

TOTOギャラリーでは、田根剛さんの展示会が行われているところですが、年が明けた1月24日からはスペインの建築家集団の「RCR Arquitectes」の展示が始まります。 RCR Arquiteictes (出典:https://cat.elpais.com/cat/2017/03/10/actualidad/1489178427_45307…

すみだ北斎美術館

両国駅から少しあるいた所にある、すみだ北斎美術館。妹島さんの都内にある代表作ともいえるこの美術館は下町感あふれる街並みを歩いていると突如現れる。このファサードは美術館の特徴ともいえ、この日は天気も良く、アルミパネルに空が反射しとてもきれい…

金沢の街風景

金沢の有名建築というより、金沢らしい風景や街の写真を。 近江市場 東山茶屋街 東山茶屋街 兼六園 金沢の街をこれだけしっかり見て回ったのは初めてで、ほんと魅力しかない街だなとまた行きたいなと。北陸新幹線が無かったらたぶんこのタイミングで金沢に行…

鈴木大拙館

金沢21世紀美術館から少し歩いたところにある鈴木大拙館。仏教学者で禅を広めた、金沢出身の思想家である鈴木大拙を記念して建てられ、禅を体現した記念館です。法隆寺宝物館や葛西臨海公園レストハウスを設計している、同じく金沢出身の谷口吉生の設計です…

金沢21世紀美術館

金沢21世紀美術館といえば言わずと知れたSANAAの代表作である。 「公園のような建築」というコンセプトのもと円形の美術館が多方向からアクセスできる。内部には美術館ゾーンと地域の交流ゾーンが並列され、中に入るだけなら料金を払う必要はなく、美術館に…

建築の必読書

建築を学ぶひとにとっての必読書について。 難波さんや川添さんなどは研究室として必読書を定めて、学生に読んでおくようすすめているものがある。本で読んだことは、その人の考えをつくるもので非常に大事だと思うし、それを人に指示されたものを読むのはど…