まいぺーすに建築ブログ。

建築のこと。本のこと。日常のふと気になったこと。

New Nature/御手洗龍展 @プリズミックギャラリー

南青山にあるプリズミックギャラリーで開かれている『New Nature/御手洗龍展-新しい幾何学でつくられる小さな生態系としての建築』。御手洗さんが伊東事務所を独立してから取り組んできたいくつかのプロジェクトの模型とボードによる展示。ほかにも、みらい…

隈研吾教授最終連続講義 第六回「アートと建築」 @安田講堂

全10回の折り返しとなる今回の講義は美術評論家であり隈さんとも関わりの深い高階秀爾さんと伊東順二さんを招いて「アートと建築。」というテーマでの講演。 高階さんも何度も話のなかで用いてたウィトルウィウスの建築十書にあるように、そこで建築の大きな…

レクチャー Petra Blaisse「Vertical versus Hrizontal」

Petra Blaisseによるレクチャーが先日東大で行われました。オランダのテキスタイルデザイナーでOMAとも多くコラボしています。それもあってかレムコールハース本人も会場にお忍びで来ており大変驚きました。OMAとコラボした仕事にはシアトル国立図書館のカー…

SDレビュー2019 @代官山ヒルサイドテラス

毎年行われてる若手建築家の登竜門とも言われてるSDレビューの展示会に。今回は研究室の直属のお世話になった大村さんの作品もあると行くことで見に行くのが楽しみな展示会でした。(ほんとに微力ながら模型製作も手伝えて良かったです。)大村さんは以前アア…

空中庭園幻想としての梅田スカイビル

この前旅行で訪れた大阪で訪れた梅田スカイビルについて実際に訪れた感想を書きたい。「空中庭園」という言葉は幻想的な風景を思い浮かべるが、実際にこの梅田スカイビルは現代における空中庭園を目指した建築である。原さんはかつて研究室として集落調査を…

photo_金沢海みらい図書館_TOYAMAキラリ

先日の金沢で行われた学会のついでに2つの図書館を見てきた。シーラカンスK&Hの金沢海みらい図書館と隈事務所のTOYAMAキラリ(富山市立図書館)のどちらも比較的新しい北陸の建築でありながら、規模も建物内に入り込む用途も全然違く見比べると面白かった。…

隈研吾教授最終連続講義 第五回「緑と建築」 @安田講堂

今回の隈先生の最終講義は、前回から1か月以上が空いての講義で全10回の内折り返しの5回目の講義でした。造園の専門家である進士先生と涌井先生を招いてのレクチャーでこの最終講義の分野の多様さを感じるものでした。「造家」という言葉を伊東忠太が「建築…

隈研吾教授最終連続講義 第四回「街づくりとクラフト」 @安田講堂

前回から時間が空いての第四回はデザイナーの原研哉さん、街づくりのプロである鈴木輝隆さん、和紙職人の小林康生さん、左官の挟土秀平さんを招いての講演でした。個性的な人が集まっており、話がどのように行くかが講義前からとても気になるものでした。本…

Photo_尾道

以前尾道を訪れた時の写真。坂があり海もある地形豊かな尾道ならではの写真が撮れました。行きたかったリボンチャペルやU2などの建築もあり大満足です。

「安藤忠雄初期建築原図展-個の自立と対話」 @国立近現代建築資料館

湯島にある建築資料館で開かれている安藤忠雄の原図展に行ってきました。旧岩崎邸庭園の中にあるこの資料館を訪れるのは初めてでまた新しいスポットを発見した気分です。2年前に国立新美術館で開かれた展示会に比べ、住吉の長屋から光の教会くらいまでの初期…