まいぺーすに建築ブログ。

建築のこと。本のこと。日常のふと気になったこと。

窓展 @東京国立近代美術館

東京国立近代美術館で今日まで行われていた窓展に滑り込みで行けた。窓という建物の内部と外部を仕切る境界というだけでない、解釈の幅の広さを知りうることの出来る展示であった。展示数もとてつもなく多いのだが、どれも窓のもつ違う側面を表していること…

隈研吾教授最終連続講義 第八回「エンジニアリングの未来」 @安田講堂

隈先生の最終講義シリーズの第八回。今回は構造を主題に江尻先生、佐藤先生を招いてのレクチャー。 隈先生が自身の建築の原点として語られる代々木競技場の構造についてから始まり、その時の感動は構造によるものだったという話から、構造に対する意識につい…

増田信吾+大坪克亘展 「それはほんとに必要か。」 @ギャラリー間

1月16日からはじまった増田信吾+大坪克亘展。前回のギャラ間のADVVTの展示を行き損なってしまったので、今回は会期の早いうちに訪れた。 躯体の窓など、新建築の誌面上は見たことある作品はあったが、俯瞰的に見ることは初めてで、展覧会の中でぼんやりだが…

隈研吾教授最終連続講義 第七回「歴史と継承」 @安田講堂

隈研吾最終連続講義の第七回。建築史家の藤森先生と政治史家の御厨先生を招いての講義。台風で2ヶ月も延期になってしまい平日での開催だったが、多くの方々で賑わっていた。 まずはじめに、藤森先生から隈建築の変化と今の隈建築の原点の話。処女作である伊…

PLOT 設計のプロセス展2019 GAギャラリー

最近、バタバタと忙しいことが多くて、ゆっくり文章を書いたり展覧会をじっくりと見に行く時間が取れなかった。森美術館の「未来と芸術展」や2121のマル秘展など気になるものも多く、いつか 行きたいで終わらないように時間を見つけて行きたい。 こないだ、…

「令和元年の建築系研究室」建築文化週間 学生ワークショップ2019

10月26日、27日に建築会館で行われた学生ワークショップ2019。建築文化週間の1行事として有志で集まった学生が内容を企画し毎年違ったワークショップが行われている。自分自身もこの実行委員として約半年間企画や諸準備をしてきた。始まる前までは正直いうと…

New Nature/御手洗龍展 @プリズミックギャラリー

南青山にあるプリズミックギャラリーで開かれている『New Nature/御手洗龍展-新しい幾何学でつくられる小さな生態系としての建築』。御手洗さんが伊東事務所を独立してから取り組んできたいくつかのプロジェクトの模型とボードによる展示。ほかにも、みらい…

隈研吾教授最終連続講義 第六回「アートと建築」 @安田講堂

全10回の折り返しとなる今回の講義は美術評論家であり隈さんとも関わりの深い高階秀爾さんと伊東順二さんを招いて「アートと建築。」というテーマでの講演。 高階さんも何度も話のなかで用いてたウィトルウィウスの建築十書にあるように、そこで建築の大きな…

レクチャー Petra Blaisse「Vertical versus Hrizontal」

Petra Blaisseによるレクチャーが先日東大で行われました。オランダのテキスタイルデザイナーでOMAとも多くコラボしています。それもあってかレムコールハース本人も会場にお忍びで来ており大変驚きました。OMAとコラボした仕事にはシアトル国立図書館のカー…

SDレビュー2019 @代官山ヒルサイドテラス

毎年行われてる若手建築家の登竜門とも言われてるSDレビューの展示会に。今回は研究室の直属のお世話になった大村さんの作品もあると行くことで見に行くのが楽しみな展示会でした。(ほんとに微力ながら模型製作も手伝えて良かったです。)大村さんは以前アア…