まいぺーすに建築ブログ。

建築のこと。本のこと。日常のふと気になったこと。

金沢21世紀美術館

金沢21世紀美術館といえば言わずと知れたSANAAの代表作である。

「公園のような建築」というコンセプトのもと円形の美術館が多方向からアクセスできる。内部には美術館ゾーンと地域の交流ゾーンが並列され、中に入るだけなら料金を払う必要はなく、美術館に入るというハードルは大きく下げられている。

f:id:arc0183:20181130225132j:plain

f:id:arc0183:20181130225147j:plain

f:id:arc0183:20181130225159j:plain

円形の中に四角の展示室のヴォリュームが挿入され、それが街のような関係を作る。

美術館内外に多くのパヴィリオンや映像作品などの現代美術が展示されているが、それぞれの距離感がうまくとられ、全体として一つの大きな美術館としてのまとまりが良くとられているのがやっぱりすごい。これだけ個性的な美術展示が行われているのに完全に離しきるのではなく、ある程度の関係性を持ちつながっている。

f:id:arc0183:20181130231202j:plain

 

f:id:arc0183:20181130231005j:plain

f:id:arc0183:20181130225223j:plain

妹島さんのラビットチェア