まいぺーすに建築ブログ。

建築のこと。本のこと。日常のふと気になったこと。

アルヴァ・アアルトーもうひとつの自然@神奈川県立近代美術館

もう終わってしまったのだけれど、この前まで葉山で開催され、名古屋・東京・青森と日本を巡回するアアルト生誕120周年を記念した大規模な展覧会「アルヴァ・アアルトーもうひとつの自然」。

 

f:id:arc0183:20181219114059j:plain

アアルトはフィンランドを20世紀を代表する建築家であり家具も多く手掛けている。展示では、建築作品の模型や図面のほか、照明器具や椅子、ガラス食器など幅広くアアルトの作品を見ることが出来た。

アアルトの引き出し付きの机には多くの図面とスケッチが収納されており、アアルト独特の曲線がどう作られているか、都市に対してどのように建てられているかを感覚的だが感じることができたかなと思う。

 

家具はアアルトら4人によって立ち上げられたフィンランドのデザインブランド・アルテックやアアルト・ベースで有名なイッタラなどのものも多く展示されている。

展示会場を抜けるとアアルト・ルームなるものがあり、葉山の海を望める展示室にアアルトの家具が埋め尽くされている。今後の巡回展でもアアルト・ルームがどのように構成されていくかは楽しみ。(特に青森県立美術館だとどんな感じになるのかな。)

 f:id:arc0183:20181219114103j:plainf:id:arc0183:20181219114115j:plain