まいぺーすに建築ブログ。

建築のこと。本のこと。日常のふと気になったこと。

「やりたい」ことを「やれる」ひと。

今は、何でも自粛を迫られる状況であるが、こういう時間が出来ると普段は出来ないようなことを始めたくなってしまう。

多くのプロジェクトが同時進行で動いている時には、なかなか手を付けることが出来なかったものが数多くあって、そういうことに手当たり次第がむしゃらにぶつかっている状態。語学や資格を学んだり、建築雑誌を読み漁ったり、諸々の設計活動をしたり。

 

この性格は昔から変わっていなくて、急に暇になり、時間が意識せずとも流れていた状態から抜けると、いろいろと「やりたい」ことが湧くように出てしまう。結果的に、前よりも忙しくなるのだけれど、気持ち的にはあくまで暇つぶしの感覚で要られて気は楽になれる。卒業設計が終わり新しく研究室のプロジェクトを始めたときも同じような感覚だったと思う。

こうやって、暇になったときに新しく始めたいことは、心から自分がやりたいことであると言い切れるため、自分の進むべき方向が分からなくなった時には大切にしたい。